『わたくし、』のわたくし的歯科小話

『わたくし、』のわたくし的歯科小話

第11回 『先生! 汚れを奇麗にって言いますが、汚れって一体???』

毎日の様に患者さんとお話しする事の中に
『汚れ』っていうワードが有ります。
お口の汚れって色々有りますよね??

○ご飯を食べた後溜まる食べ物のカス
○歯の表面に付いてしまった着色など
○ベロの表面に付いている白いネバネバしたもの
○歯垢
○歯石
○細菌
治療の際に僕らが言う『汚れ』は多くの場合は
ベロの表面のネバネバ、歯垢、歯石、細菌の事を言います。
この4つのものは全て成り立ちに関係があるんですよ!!

細菌はお口の中にいっつも住んでいて、お口の防御が甘くなるのを今か今かと待ち構えています。
甘くなった途端、歯垢を生産し始めるんです。歯垢の生産工場フル稼働って所ですね(悪)

歯垢が一旦生産されてしまうとその歯垢は古くなるにつれて毒性を増し、遂には石灰化をして歯石になって行きます。

歯石が歯の表面に付着すると更にその周りに歯垢が付着して・・・・ 悪のスパイラルにハマってしまうんですね。
ではこの悪いスパイラルを断ち切るには??

『いつも細菌が増え続けているんだ』 という事を忘れずに!!

ご飯の後の歯ブラシはもちろんの事、歯ブラシ直後から歯垢の出来る準備がされ始めます。

ページトップへ