むし歯・根管治療

むし歯治療

むし歯の菌に感染してしまった歯質を機械的に削ります。
削った部分に大きさに応じて、金属やプラスティックを充填します。
むし歯を削った後は充填(詰める処置)を行わないといけません。
一般的には歯科用金属や歯科用プラスティックを使って行います。
写真はプラスティックを使って行った物です♪

根管治療

大きなむし歯で根っこの神経まで到達してしまった様な歯は神経を除去します。
また、根管内が細菌にて侵されている場合細菌の消毒を行います。
根管治療は唾液や細菌を排除する為にゴムのマスクをします。
治療の成功率がグンと上がる事と、意外に患者さんも楽なんですよ☆

被覆冠処置(プラスティック冠・金属冠)

むし歯が大きく、充填処置では補えない場合に、被せる冠の形で歯を修復します。いわゆる『差し歯』の治療です。お口の中の歯一本ごとにしっかりと根の治療や土台の治療を行います。
土台がしっかりとして無いのは、柱の駄目なお家みたいなイメージですね.5

正確な型取りから上部の被覆冠(被せ物)をつくります。アクセサリーみたいにとても奇麗ですよね??奇麗な物は使っても良い!清掃もしやすい!!
これを作ってくれる技工士さんはまさにアーティストです☆ 審美性に優れた詰め物・被せ物は審美歯科治療ページをご覧ください。

お口の中にセットしました!!
ここからが大事♪もう悪くならない様に細かな定期検診を行って行きます!!

小児歯科治療

子供のむし歯治療、歯列不正の場合の矯正歯科への相談、フッ素塗布によるむし歯予防などを行います。歯ブラシが上手に出来ない場合、衛生士さんの指導の元、歯ブラシの練習をします。

小さなお子様の治療はベロが動いたりお口を閉じてしまったり・・・危険がいっぱいです!!
そんな時にはラバーダムといってゴムのマスクをする事で危険を回避する事が出来ます☆
唾液なども入らずに早い治療が可能ですよ♪

ページトップへ