義歯・入れ歯

部分的に欠けた・穴があいた場合

インレー(つめもの)

インレーとは人工の詰め物のことです。小さな虫歯を削り、その削った部分に金属製(銀)やセラミック製の素材をつめます。
・メタルインレー(銀)
・オールセラミック(e-max)

クラウン(かぶせもの)

神経(歯の根っこ)治療で、歯を大きく削った後にかぶせる人工の歯です。インレー同様、金属製(銀)やセラミック製の素材があります。
・メタルクラウン(銀)
・オールセラミック(e-max)

歯を失った場合

ブリッジ

なくなった歯の前後の歯を削り、それらを支えとして歯をかぶせる方法です。
固定式のため、自分の歯と同じように噛めること、症状によって噛み合わせの改善を見込める点がメリットです。

クラウンやブリッジの被せ物が完成するまでの期間、仮歯を作製致します。
患者様の口腔内の状態に合わせることが必要なため、歯科医師がその場で作製します。
ただ、仮歯は被せ物に比べ強度が劣るため、取れてしまう場合もあります。
取れてしまった時にはそのまま放置せず、すぐに当医院にご連絡ください。

多くの歯を失った場合

義歯(入れ歯)

歯をなくした際の代わりとなるのが義歯(入れ歯)です。失った歯の本数が一部分の場合は仮入れ歯、多数失っている場合は総入れ歯を提案します。
当医院はメタル併用ノンクラスプデンチャーというプラスチックと金属を併用したタイプの素材を使用しており、強度と審美性に優れております。
歯にかけるバネの部分は歯茎に似た色を使用するため、目立ちにくく、違和感が少な目です。

当院では、しっかり噛んで美味しく食事ができるということを第一に、入れ歯設計に取り組んでおります。
患者様一人ひとりに合わせて、歯にやさしく、違和感なく噛める入れ歯を作製するため、歯科技工士とも時間をかけて打ち合わせを行っている点が強みです。
保険診療内で補えない場合は、患者様と相談しながら、治療の可能性を追求しております。
義歯(入れ歯)についてもっと詳しく知りたい方や不明な点はお気軽に当院までご相談ください。

ページトップへ