インプラント

インプラントについて

むし歯や歯周病、また不幸にして事故や外傷。色々な原因で歯を失ってしまった部分に人工の歯根を植立して欠損部を補う治療です。欠損部を放置してしまうとお口全体のバランスが崩れ、何処かにしわ寄せが生じてしまいます。原則としてはしっかりと左右で均等に噛む事がお口の健康を保つ秘訣です。
インプラント手術というと少々怖い感じもしますが、処置時間は1時間位です。通常の処置と同じ麻酔を用いて行います。術前術後のお薬でほとんど痛みもありません。

不幸にして歯を失ってしまった部分にインプラントのねじを植え込んで歯に似た構造物を作ります。
前後の歯を削らずに固定式の補綴が出来るので非常に自然な感じで噛む事が出来ます。
しかし、一番大切なのはインプラントを入れる事でなく、『なんでそこの歯が無くなったのか??』の原因を考える事です。

SimPlant・シンプラント

『シンプラント』とはシンプルとインプラントを混ぜた造語??安全に、確実に、シンプルにインプラント手術を行う為に出来たPCソフトです。CTデータを元に骨の厚みや高さ、更には硬さまでも術前に把握する事が出来ます。

現在杉浦歯科医院では希望がある場合CTデータを元に『SimPlant』というソフトでインプラント術前にPC上で解析を行なった後に手術を行なっています。また希望が無い場合でも、難しい部位の手術には術前解析をお勧めしています。 CTデータを元に手術前にいろいろな角度から骨の状態を観察出来ます。

インプラントで使用する機器・設備

SURGYBONE・サージボーン

『サージボーン』とは主に外科手術の場合に使用する超微細振動を発生させる装置です。
ではその超微細振動を使って何をするのかというと・・・
硬組織(骨)は削れるけど軟組織(粘膜や歯茎)は傷付かないと言う事です。インプラントを行う場合や、根っこの中々治らない難病変、又は親不知の抜歯の時にはどうしても外科手術が必要になります。
その際に今までより安全に正確にスピーディーに手術を行う事が出来る様になりました。
軟組織を傷つけないと言う事は無用な傷を格段に減らす事が出来ます。

MEDIFUGE・メディフュージ

『メディフュージ』とは腕からの採血を行った後に遠心分離を行うことにより、血液中の血小板や赤血球が分離されます。それと同時に、血液中の凝固因子が自然に刺激されてフィブリンゲルが形成されます。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含むうえ、自分の血液から作り出した為、完全に自分の体からの素材といえます。
このゲルは『CGF』と呼ばれ傷の治癒促進、抗菌作用、痛みの緩和など術後の違和感の改善にとても役立ちます。
外科手術の際には採血後CGFを応用する事で、より痛みが少なく治癒が早い術後経過を辿る事が出来ます。

ページトップへ