歯を失わないための治療

噛み合わせ

皆さんは自分の知らない噛み合わせがある事を知っていますか??そんな噛み合わせを持っている方はなんだか分からないけど歯が痛い。レントゲンで見るとある少数の歯がむし歯も無いし根っこも健康なのに浮いている像が見られる。など、悪くすると歯を失う原因にもなりかねません・・・

噛み合わせをチェックして悪い噛み合わせが存在するのであれば、全体的に歯を調整して悪い力が掛からない様にする事が必要です。 噛み合わせを改善する事で「頭が痛いのが治った肩こりが軽くなった」など良い事があるかもしれません!!

お口の中を快適に安定を保つために

皆さんはこんな小さな卵一つ分位のお口の中でも場所によって全く環境が違うと言うことを知っていますか??この違いが皆さんの術後のお口の中を快適に安定を保てるか保て無いかの鍵を握っているんです。
上顎は頭の骸骨にくっ付いている、下顎は筋肉のブランコという事に始まり前歯は敏感で強い!!奥歯は鈍感で弱い・・・なんて事も歯を治す上でとても重要になってくるんです。僕が統計を取った事が無いので確かでは無いですが、毎日お口の中を見ていると奥歯がどんどん悪くなって行く患者さんの方が何倍も多いと言う事に気づきます。
治療後の良い状態を長い間続けるには、就寝時の歯軋りなどによる強い力から守る『クリアスプリント』をお勧めしていますよ♪

予防歯科

80歳になった時、どのくらいの歯が残っていれば、健康的な食生活を維持できるかご存知ですか?答えは20本だと言われています。
80歳で20本以上の歯を残すには、虫歯や歯周病になってから歯医者へ通う「治療するための歯科」ではなく、病気になる前に通う「予防するための歯科」に考えを変えなければいけません。
しかし、日本は先進国の中でも、歯の予防に対しての意識が低いとされています。
一方欧米では虫歯や歯周病の治療で歯医者に通うのではなく、予防のために歯医者へ通うことが一般的です。そのため、日本と欧米の80歳前後の残存歯数に半分以上の差があることが分かりました。
自分の歯を1本でも多く残し、健康的に生活できるように、治療歯科から予防歯科への意識を心がけましょう。

ページトップへ