審美歯科治療

ジルコニアオールセラミックスクラウン

  • 出来上がったジルコニアセラミッククラウン

歯の綺麗な人、好印象ですよね♪むし歯や、外傷、歯周病、色々な事が原因で歯を削らなくてはいけなくなってしまった時に、セラミックを用いて被せて修復します。セラミックという材料は歯茎に優しく、変色せず尚かつ汚れの付着も起こしにくいという性質を持っています。
とても審美性に富んでおり綺麗な自然感のある修復物を作ることが可能となりました。

ジルコニアオールセラミックは、ジルコニア(人工ダイヤモンド)に用いられる材料です。ジルコニアブロックを機械で削り出してフレームを作製。その削り出したフレームの上にセラミックを焼き付けた材料です。強度、審美性共にとても信頼のおける新世代の歯科材料です。

オールセラミックスクラウン(材料は3種類有ります)

従来であると金属で修復した部分をいまではセラミックを用いて修復する事で、審美性、強度、清掃性などに富んだ修復が可能になりました。オールセラミックという材料はセラミックスを鋳込むことでとても綺麗で強度のある自然感のある歯を再現する事が可能となりました。

メタルセラミック

オールセラミックとは違い、金属の上にセラミックを焼き付けた物です。強固なメタルのフレーム上にセラミック乗せてくるので審美的、強度的に優れた材料です。
セラミックの性質としては同じですが、金属が歯茎の付近に位置すると時間の経過と共に金属色が透過する事で歯茎が黒く変色してくる事があります。
また、金属のイオン化により体内へ蓄積される事でアレルギーのリスクが高まったりする事があります。

ハイブリッドセラミック修復

セラミックとプラスティックが合わさった材料で、歯の硬度に近いという性質を持っています。基本的には臼歯部分に適応をする事で、見た目の自然感と噛んだ時の機能感を良好にする事が可能です。金属のフレームを使うケースと使わないケースがあります。,
ハイブリッドセラミックはプラスティックの性質も持っていますので年数が経つと少しずつ変色してくる事があります。

ページトップへ