シニアの歯科

当院の治療コンセプト

必要な治療を必要なだけ
美味しく食事を取ったり、大きなお口で笑ったり、今まで当たり前に出来て居た事がなかなか自信がなくて・・・
お口を少し綺麗にするだけでそんな昔の自分に戻れるかもしれませんよ♫
大きな治療が必ずしも良いとは限りません。みなさんのお口に必要な分だけの治療を一緒に考えていけると良いですね。
お話をすることも治療です
歯医者の仕事は歯を削ったり入れ歯を作ったりすることだけではありません。
お口のお話や歯ブラシのお話ももちろんします。でも、雑談をしたり悩みを聞いたり、僕が悩みを聞いてもらったり、そんな事もすごく良いんじゃないかな? なんて思っています。
是非色々なお話聞かせてください☆ 今から楽しみです♫
入れ歯は大切な友達です
今まで入れ歯でなかったのに入れ歯になってしまった、、、
そんな悩みをお持ちの方は多いと思います。そんな時は少し入れ歯とお話をしてください。
これから一緒に美味しいものを食べたり笑顔で笑ったり、そんな大切なお友達になれればグッと距離も縮まると思いますよ!

健康寿命と歯の関係

当院の「シニア歯科」の治療方針は、自分の歯でしっかりと噛んで食事をとれるようにすることです。
歯がないことで噛み合わせに問題が起こると、食事の楽しさが減少したり、運動能力が落ち込んだりします。
それが年を重ねてからの健康寿命に大きく影響してしまうのです。
健康寿命を延ばしていただくためにも、自分の歯を残すことを第一に考えましょう。しかし、自分の歯を失ったとしてもご安心ください。自分の歯のように噛めて、違和感をほとんど感じない、快適な義歯(入れ歯)やインプラントを提案いたします。
特にシニア世代は突然の病気や事故などで歯科医院に通うのが困難になる方もいらっしゃいます。
通えるうちに出来るだけ治療や、メインテナンスを行うことが必要です。
「もう義歯やインプラントを作り変えても意味がない」とご自身で判断なさらず、是非一度、当院へご相談下さい。

歯周病と全身疾患の関係

虫歯や歯周病など歯科疾患が全身の病気の原因に繋がる事が、徐々に明らかになってきました。
特に重大な影響を及ぼすのが「歯周病」です。
高齢者に多い「誤嚥性肺炎」は、唾液中の細菌が気管に入り感染しておこる病気です。
この病気の多くの患者さんから「歯周病原性細菌」が見つかっており、この細菌が減少すると「誤嚥性肺炎」の発症も下がることが報告されています。また「歯周病菌」は歯茎の炎症から血管に入り、血液に乗って全身にいきわたり、動脈硬化や糖尿病、アルツハイマーなどのリスクを高めることもわかっています。
歯周病は自覚症状が現れるまでに時間もかかることから治療が遅れてしまいがちです。
異変を感じたら早めに治療を受けましょう。

より長く食事を楽しむために

「人生100年時代」に入った今、より長く健康でいたいとお考えの方は増え続けています。その鍵となるのが毎日の食事です。
ただ、高齢になり歯を失ってしまうと、「食べ物をちゃんと噛むことができない」「素材の味がわからない」こうしたトラブルに悩まされます。
また、しっかりと噛めないので、柔らかい物ばかりを食べがちになるケースも。
運動面や栄養面に問題が発生し、体にも悪影響を及ぼします。歯と健康には深いつながりがあるのです。

当院では義歯(入れ歯)の作製・調整に自信があります。見た目や噛み合わせを追求し、より長く食事を楽しんでいただくために、日々最良の義歯を追求しています。だから、歯を失っても決して諦めず、どんなことでもご相談ください。

地域に根ざした歯科診療

当院は、患者様の大切な歯をいつまでも守っていきたいという思いを胸に、地域に根ざした歯科診療を目指しています。インプラントや義歯(入れ歯)などの人工歯の技術は目覚ましい進歩を遂げています。しかし、どんな素晴らしい技術があっても、自分の歯に勝るものはありません。そして自分の歯を守っていくには、定期的に歯医者に通い、虫歯や歯周病になる前のメインテナンスやご自宅での正しいセルフケアが重要です。

当院に長く定期的に健診に通われている患者様は、高齢になっても、多くの歯を保たれている方がほとんどです。そのような患者様を一人でも増やせるよう、これからも地域に根ざした歯科診療を提供していきたいと思います。抱えている歯の不安やお悩みをお聞かせください。
お待ちしております。

ページトップへ