『わたくし、』のわたくし的歯科小話

『わたくし、』のわたくし的歯科小話

第2回 『先生! 歯ブラシの仕方を教えてください!!』

こんな経験有りませんか??

『う~~ん・・・  歯ブラシが出来ていませんね・・・・』
『もう少ししっかりと磨く様にして下さいっ!!』

磨けって言ったって、どこをどんな風に磨くのさぁ(怒)

そうですよね。確かにそうです。

ではまず何のために歯ブラシをしなければいけないのか??
お口の中に食べカスが残っているとそれを栄養としてお口の中の細菌が
繁殖します。
その細菌や細菌の出した物が集まってプラーク(歯垢)に変化していきます。

さらにプラーク(歯垢)が石灰化して固まると、歯石という固い物になっていきます。
みなさん良く知ってる通り、歯垢や歯石は歯周病の一番の原因ですよね??
こうなる前にお口の清潔を保つために、歯ブラシを行う訳ですね。

では具体的にどんな風に歯ブラシを行えば良いのか??
『歯ブラシ』その名の通り『歯』の『ブラシ』です。
でも今日から名前を『歯茎ブラシ』と勝手に改名しちゃいましょう♪
歯ブラシはもちろん歯を磨くのが目的ですが、特に歯茎を中心に磨く様にするのが効果的です。
歯と歯茎の境目の部分をじっくり時間を掛けてマッサージ磨きをしてみて下さい。

流れ作業のベルトコンベアー方式ではなくて、きちんとブロックごとに行う様にしましょう。
右下奥歯が終わったら次は前歯を磨く、その後には左下奥歯、と行った具合ですね☆
歯磨きが終わったら『あ~~疲れた・・』って言う位に行ってみましょう!!

きっときれいな歯茎が戻ってくると思いますよ♪

ページトップへ