『わたくし、』のわたくし的歯科小話

『わたくし、』のわたくし的歯科小話

第9回 『磨いても磨いても歯茎が奇麗になりません(泣)』

そんな悩みを持っている方は居ませんか??

もしかすると歯ブラシはとても良く出来ているのかもしれません。

では、なんで治らないのでしょうか??

それは『不適合な補綴物』が原因であるのかもしれません・・・

『不適合な補綴物』とは何でしょうか?

○長年経過しているので自然に合いが悪くなって来た。
○歯ぎしりと歯ブラシが強く当たり過ぎで歯の根元が摩耗して来た。
○虫歯で合いが悪くなった。
○適切な治療が行われておらず治療した事が原因で不適合な部分が出来てしまった。

こんなところでしょうか??

適切な形態の補綴物を入れるには歯茎の治療、歯ブラシ、歯間ブラシを行い歯茎を良い状態にした後しっかりとした
形に精密に歯を形成し、精密に型を採って精密に技工士さんが作成する。
そして、しっかりとした手順で接着操作をする。

ただ削って被せてであると、治療が原因で更に悪化してしまう事もあるんです。
これを『医原性疾患』と言います。お医者が原因の疾患と言う事です。

あなたの歯は適切に治療されていますか?? 今一度確認してみては如何でしょうか??

ページトップへ