治療症例

むし歯治療

MTAセメントを使って萌出間もない6歳臼歯の神経を保護したケース

  • ラバーダム防湿下で『硬い歯質はタービンで』虫歯の『柔らかい歯質は手用器具と超音波で』虫歯の染色液をを使い削り過ぎない治療を目指しました。
    しかし残念ながら既に歯の内部の神経の部屋にまでつながってしまう程大きな虫歯でした・・・赤い部分が歯の神経が露出してしまった所です。
    注意深く柔らかい虫歯の菌に感染してしまった歯質を取り除きます。露出した神経は清潔な綿球で圧迫の止血を行いました。

  • 圧迫にて止血が確認された後に齲窩を消毒洗浄し優しく乾燥させます。
    そこにMTAセメントというすぐれた封鎖性、強いアルカリ性の持続、カルシウムイオンにより露出した神経を守るセメントをもちいて確実に封鎖をします。
    MTAセメントを用いて神経を封鎖した後に神経より離れた場所は従来の材料で封鎖をし定期的な神経の診査を行ってフォローアップをしていきます。

萌出間もない6歳臼歯ですが甘いオヤツの過剰摂取(悪い食習慣)と口腔ケアの不足(悪い清掃習慣)が原因で歯の間から大きな虫歯になってしまったケースです。
まずは虫歯の治療をする前に悪い習慣の改善をして、改善結果が見られる所からの治療となりました。

始めに唾液などに混じる細菌からなるべく防御をする為に『ラバーダム』と呼ばれるゴムのマスクを装着し治療の成功率を『ぐんっ』と上げることが大切です。この『ラバーダム』ですが、杉浦歯科医院では清潔と安全を得る為にほとんどの根の治療や、動いてしまう子供たちの虫歯の治療に用いる事が多いです。

究のコメント

まだ小学生の若い6歳臼歯なので虫歯が大きいからといって安易に神経を抜いてしまうのは症例によって考えないといけないと思います。
全ての大きな虫歯で使えるテクニックでは有りませんが(細菌感染のケースには使えません)なるべく神経を残すことで生活反応のある歯をより多く残していけるのでは??

でもこの症例で一番大切なのは『食習慣と清掃習慣の改善』なんですね!悪い習慣が改善されないウチに虫歯の治療を進めてしまうともっと悪い結果を招いてしまうんです・・・頑張って環境改善をしていきましょう♫

【治療費用について】

ラバーダム防湿、虫歯の除去、MTAセメントによる神経保護、虫歯の充填→¥54,000-

ページトップへ